dspMixFx UR-C for iPad & iPhone

オーディオインターフェースの DSP 機能を指先でタッチコントロール。無償 iOS / iPadOS アプリdspMixFx UR-C を使えば、iPhone や iPad を使った録音やミックスに、UR-C シリーズをより一層活用することができます。V3.0 では大きく機能が向上しました。

* dspMixFx UR-C V3 の全機能を用いるには、Mac / Windows コンピューターを用いて UR-C のファームウェアアップデートを行ってください。

DSP ミキサー / エフェクトなどすべての DSP 機能をコントロール

UR22C / UR24C / UR44C / UR816C で使用可能

iPad や iPhone を用いてレイテンシーフリーの DSP モニタリング

Cubasis など iOS / iPadOS オーディオアプリに対応

専用のストリーミングミックス

dspMixFx に、専用エフェクトスロット付きのストリーミングミックスを搭載しました。このスロットはゲートやコンプレッサー、ダッカーなどのエフェクトをストリーミング目的のみに立ち上げることができ、ストリーミングのメイン出力にもマルチバンドコンプレッサーを挿すことができます。UR22C, UR24C, UR44C では追加出力ミックスとして、UR816C では、Mix 4 の代わりに選択できます。

ストリーミングミックスエフェクト

Ducker

ダッカーはオーディオ信号のレベルを、他の音が鳴っている時に自動的に下げることができるエフェクトです。放送や音楽制作で多用され、あるトラックの音量が指定したスレッショルドを超えた時点で、もう一方のトラックの音量を自動的に下げ、前者が優先して聴こえるようにします。たとえばアナウンサーが話し出した時に BGM を下げ、スピーチをはっきりさせることができます。音楽においては、ビートと同期して音色にリズミカルなエフェクトを加えたり、楽器に対してボーカルを強調させたり、ミックスに深みと明瞭さを加えることができます。

dspMixFx の使い勝手向上

V3.0 では dspMixFx のユーザーインターフェースを改善し、より直感的に操作できるようになりました。レベルメーターがミキサービューのフェーダーレベルの位置に移動し、現在のレベルを確認するためにモードを変更する必要がなくなりました。また dspMixFx のチャンネル名の変更、シーンメモリーへの保存も可能になりました。

新しい DSP エフェクト

Voice Changer (Pitch Fix)

リアルタイムに声を変化させ、クリエイティブなエンターテイメントから実用目的まで、さまざまな用途で利用できるボイスチェンジャー。音楽制作でボーカルを変化させたりシンガーの正体を隠したり、アニメ、ゲームの制作でキャラクターの声を変化させられる一方、プレゼンテーションや物語の吹き替えなどにバリエーションを加えることもできます。また現実離れしたバーチャルの世界で、たとえばアバターのストリーミングを楽しんだり、オンラインゲームで性別や年齢を曖昧にすることも可能です。

Delay

オーディオ信号をリピートするディレイ。設定したディレイタイム後に設定した回数を再生し、音の深みや空間性、またユニークな音のテクスチャーを作れる万能ツールです。音楽制作ではアンビエンスを加え、ボーカルや楽器の響きを深く豊かにします。微かな反響からフレーズの繰り返しまで使えます。さらに映画やポッドキャストのオーディオポストプロダクションでは空間エフェクトとして用い、音風景を強調したり、距離感のシミュレーション、現実を超えた環境を作り出すなど、さまざなな可能性があります。

その他の DSP エフェクト

REV-X reverb

世界中の現場で用いられるデジタルミキサーなど、Yamaha プロオーディオ機器に搭載されているアルゴリズムリバーブ。高密度かつ自然な広がり、奥行きを原音に与え、演奏者のモニターミックスに最適です。Hall / Room / Plate の3種類のリバーブタイプを備えています。ver. 1.5 からはリバーブの残響特性が 3D グラフ表示になりました。

UR-C シリーズ ラインナップ