ハイライト

作曲、録音、そしてミックスをこれまでになくスムーズでクリエイティブにする、新機能とワークフロー改良の数々。MIDI リモートや編集ツールの進化、オーディオ& MIDI でのコードやスケールの連携、新しいエフェクトなど、Cubase 12 はあなたのアイデアを一段と素早く、ハイクオリティに実現してくれます。

クリエイティビティを無限に

MIDI リモートの統合

どんな音楽制作システムにも欠かせない MIDI リモートコントローラー。Cubase 12 では次世代レベルの統合を実現しました。新コンセプトの MIDI Remote スクリプトに基づいて、Cubase は接続されたデバイスを検出し、各コントローラーを自動的にマッピングします。お使いのデバイスのためのスクリプトが存在しない場合も、MIDI Controller Surface Editor と Mapping Assistant を使って簡単にカスタムスクリプトを作成し、コントロールやパラメーターに接続できます。

Pro • Artist • Elements

VariAudio にスケールアシスタント搭載

録音したテイクのメロディを変更したいときや、ピッチを修正したいとき、Cubase 12 では VariAudio とスケールアシスタントという二つの強力なツールの統合により、さらに進んだピッチ編集が可能になりました。録音したオーディオのノートを基に、スケールを設定してコードトラックに追従させることも、スケールアシスタントにスケールのヒントを提示させることも可能。その後は瞬時のピッチクォンタイズや、スケールにスナップさせての VariAudio 編集など、自由自在です。

Pro • Artist

オーディオから MIDI コードへ

今のテイクで弾いたコードを忘れてしまっても、心配はいりません。録音したオーディオをコードトラックにドラッグすれば、Cubase がコード進行を解析します。もし検出したコードがあなたの意図したスケールに合わなかったら、コードアシスタントが次のコードに基づいて一番近い代替コードを提案してくれます。オーディオと MIDI の垣根をより低くし、あなたがより音楽そのものに集中できるようにしてくれる新機能。これが音楽制作のあるべき姿です。

Pro • Artist • Elements

FX Modulator

サウンドに新たな命を吹き込むマルチエフェクトモジュレーションプラグイン。定番のダッキングエフェクトからドロップやスタッターなど刺激的なリズムパターンまで、大きな可能性があなたを触発してくれます。さまざまなエンベロープのモジュレーションカーブを最大6つのエフェクトに一括して設定でき、MIDI やサイドチェーン入力でトリガーすることで複雑な同期やパフォーマンスも可能です。設定が面倒なあなたにも、厳選されたプリセットがインスピレーションをくれるでしょう。

Pro • Artist

ドングル不要の新しいライセンス管理

Cubase 12 は新しいライセンスシステム Steinberg Licensing を採用。これにより Pro …

Pro
Artist
Elements

ARA 対応の強化

ARA エクステンションをトラックレベルで適用できるようになり、トラック上のすべてのイベントを ARA を用いて編集できるようになりました。

Pro
Artist

先進のクロスフェードエディター

クロスフェードエディターにより多くのコントロールと操作を追加し、高度な編集を可能にしました。イベントのブレンドをより緻密に行えます。

Pro

新しい SuperVision モジュール

マルチメーターツール SuperVision に新たなメーター…

Pro
Artist

効率を追求したワークフロー

Audio Warp の改良

完璧な録音を行いたいのは誰しも同じですが、私たちは人間。いつも完璧というわけにはいきません。Cubase 12 ではプロジェクトウィンドウ上で直接、Free Warp ツールを使ってのオーディオのタイミング調整が可能になりました。Audio Warp をマルチトラックのグループ編集に使用する際は、位相同期ボタンにより、トラック同士での位相のズレも防ぎます。サンプルエディターも大きく改良。刷新されたユーザーインターフェースやグリッドオプションやズームモードが、完璧なトラックをより素早く実現します。

Pro

編集ワークフローの向上

締め切りが迫っているときは、とにかく早く仕事をこなさねばなりません。Cubase 12 では新しいナッジグリッドオプションの追加により、プロジェクトのグリッドと独立した別のグリッドでの編集が可能になりました。また編集機能のキーボードショートカットも多数追加。範囲選択ツール、イベントのスリップ、フェード、フェードを伴うイベントサイズ変更などもキーボードから素早く操作できます。これでもう、締め切りに間に合わない理由がなくなってしまいました(クライアントには内緒にです)!

Pro • Artist • Elements

Raiser

最新のダイナミクスプラグイン Raiser は、あなたのエフェクトチェーンにきっと欠かせなくなるでしょう。超高速のアタックタイムを持つ Raiser は、トランジェントや透明さを損わず、プロジェクトのラウドネスを飛躍的に上げることができます。ドラムやギターへの攻撃的なリミッティングや、ボーカルのスムーズな処理、さらにフルミックスにも効果的です。ミックスのクオリティを上げる万能ツールです。

Pro

サンプル精度のボリュームオートメーション

バッファーサイズに関わらず、ボリュームオートメーションの解像度がほぼサンプル単位に向上しました。

Pro
Artist
Elements

プロジェクトからのトラック読み込みの改良

他のプロジェクトやトラックアーカイブからテンポトラック、拍子トラックを読み込めるようになりました。よりスムーズなデータ交換を実現します。

Pro

Bluetooth MIDI (Windows)

Windows 10 の Bluetooth MIDI  に対応しました。

Pro
Artist
Elements

サイドチェーンを含むオーディオ書き出し

個別のチャンネルやステムを書き出す際、ステム外のトラックからのサイドチェーンも処理に反映することができるようになりました。

Pro

プロフェッショナルのために

ロジカルエディターの改良

Cubase の強力なロジカル機能は、あなたの作業方法に合わせてさまざまな方法で手順をカスタマイズできます。Ver. 12 ではプロジェクトロジカルエディターと MIDI ロジカルエディター、インプットトランスフォーマー、Transformer MIDI プラグイン、プリセットブラウザーを改良し、さらに多くの新機能とフィルターを加えました。またそれぞれのエディターに新機能をフルに活用できる多くのプリセットを追加しています。

Pro

Verve – 音のマスターピース

LA のヤマハスタジオにて最新技術を用いて収録された Verve は、その一つ一つの音色があなたの感性に訴えます。また、テクスチャーレイヤーを重ねることで、これまで聴いたことのないピアノの音色を生み出すことも可能。Verve はただのピアノではありません。この物語は、あなたという語り手を待っています。

Pro • Artist

Pro のための改良

オーディオプロフェッショナルのために、Nuendo から多くの機能を移植しました。2つめのビデオトラックに対応、4つの MixConsole、複数の選択したイベントの同時書き出しなど。Cubase も、プロ仕様に進化し続けています。

Dolby Atmos® での音楽制作

音楽業界を席巻している空間オーディオ。これからは Cubase 12 単体で Dolby Atmos イマーシブサウンドでの音楽制作が実現します。既存の Cubase プロジェクトからベッズやオブジェクトを作成することも、全く新規に Dolby Atmos プロジェクトを作成することも可能。内蔵された Dolby Atmos Renderer により、Dolby Atmos 準拠の ADM Broadcast Wave ファイルのオーサリング / ミックス / 書き出しを行え、また異なるサラウンド設定に対してファイナルステムを書き出すことも可能です。

パフォーマンスの向上

私たちは常に Cubase の動作パフォーマンスを改良していますが、Ver…

Pro
Artist
Elements

スムーズな波形の描画

Cubase 12 ではより滑らかな波形描画を実現。目にも優しく、ピンポイントでの編集もより正確に行えます。

Pro
Artist
Elements

Apple シリコンネイティブ対応

最新世代の Mac のプロセッサーの実力をフルに発揮します。

Pro
Artist
Elements

すべての新機能

MIDI リモートの統合

外部デバイスのマッピングを拡張

AudioWarp の改良

録音テイクを完璧に

VariAudio にスケールアシスタント搭載

ピッチ編集を瞬時に

編集ワークフローの改良

締切間際にも安心して対応

オーディオからコードへ

より音楽に集中できる進化

ロジカルエディターの拡張

さらに自由にカスタマイズ

Raiser

最終仕上げ用のパワフルなリミッター

FX Modulator

FX モジュレーター

Verve

美しいフェルトピアノ音源

Dolby Atmos® ファイル作成

イマーシブ音源を Cubase だけで作成

Apple シリコンネイティブ対応

最新 Mac で快適に動作

新しいライセンス管理

USB-eLicenser ドングル不要

さらに

さまざまな機能やパフォーマンスの向上

あなたにぴったりな Cubase を

シリーズ比較機能詳細

無償アップデートについて

旧バージョンからの無償アップデート(グレースピリオド)については、下記リンクをご参照ください。Cubase を 2021/11/10 以降にアクティベートされた場合は、無償にて Ver. 12 にアップデート可能です。

詳しくはこちら

Cubase リリースノート

最新の Cubase メンテナンスアップデートの内容はこちら。
* 現時点では英語でのご提供です

リリースノート

アンケート(英語)

Steinberg では今後の開発や改良の参考に、ユーザーの皆様からのアンケートを実施しています。最新版Cubase についてのご意見をお聞かせください。
* 設問および回答は英語で実施いたします

Go to the survey

Cubase 10.5 & 11 で搭載された機能

オーディオ書き出し

書き出しキューにより時間を節約

EQ / スペクトラル比較

トラック間の帯域重複を正確にコントロール

MixConsole チャンネルカラー

背景の色分けでさらに視認性向上

MIDI プリレコード

録音前の MIDI データも逃さず記録

ビデオレンダリング

MP4 (H.264) / 16ビットオーディオ書き出し

MultiTap Delay

感性を刺激する多機能ディレイ

Frequency 2

正確なダイナミック EQ を搭載

SpectraLayers One

オーディオの視覚的編集とパート分離

Sampler Track 2

スライス / LFO / レガートグライドを追加

Imager

音の広がりを制御するマルチバンドステレオイメージャー

SuperVision

カスタマイズ自在なメータリングツール

Squasher

リードやベースを彩る EDM 向けプラグイン

グローバルトラック

キーエディターで曲の情報を一望

マルチサイドチェーン

入力アーキテクチャーの改良

さらに

操作性 / 速度 / クオリティの全面的な進化