AI 処理が叶える人間的なタッチ

SpectraLayers 8 は処理、ツール、そしてワークフローすべてにおいて進化しました。AI 駆動による処理を推し進め、レイヤーをまたいだ音漏れ軽減など、数々の新機能を提供します。ワークフロー面では ARA 2 統合の強化により、DAW プロジェクトのタイムライン上で可能な処理をさらに拡大。大切なオーディオの救出任務や、高度なサウンドデザインの追求など、あらゆる作業をより素早く詳細に実行できる、Ver. 8 の強力で実用的な機能をお確かめください。

よりスマートな AI

アプリケーション全体にわたって AI テクノロジーを推し進めた SpectraLayers 8 は、複数のレイヤーをまたいだ De-Bleed(音漏れ除去)処理、Reverb Redution(リバーブ除去)での AI 処理、そして Voice Denoiser での AI 処理を可能にしました。この他にも、全く新しい処理や既存の自動化コードの改良、従来型機能への AI 実装による著しい強化など、大きく進化しています。

ProElements

アンビエンスマッチング

スペクトラルグラフ上の任意の範囲をルーム音や背景音テクスチャーとして登録し、あなたのプロジェクト上の別の箇所に適用。ARA モードで Cubase / Nuendo タイムラインで動作させれば、スムーズなポスト作業が行えます。

Pro • Elements

EQ マッチング

スペクトラルグラフの任意の箇所を 0EQ プロファイルとして登録し、レイヤーをまたいで適用することで音響特性を揃えることができます。この調整可能なアルゴリズムは、トラッキングやマスタリングはもちろん、ポストプロダクションにも役立ちます。

ProElements

De-Bleed 処理

ドラムトラックなど楽器トラックの抜き出しの際の音漏れを、AI ならではの正確さで除去します。この新しいアルゴリズムはその上、たとえばきれいに抜き出したトラックレイヤーを参照して他レイヤーの選択の基準にするなど、他の用途にも活用可能です。

Pro • Elements

AI アシストのリバーブリダクション処理

SpectraLayers Pro 3 で初めて搭載された Reverb Reduction が AI 処理となりました。部屋の反響の特定や減衰を、これまでになくクリーンに、スマートに、そしてより効果的に処理できます。

Pro • Elements

改良されたツール

Voice Denoiser の改良

ロケや街頭インタビューなどの整音に最適なこの機能は、人間の声を認識し隔離します。SpectraLayers Pro 8 では2つの AI アルゴリズムを搭載し、会話から歌唱までカバーします。

Pro • Elements

ARA 2 統合の強化

SpectraLayers 7 と Cubase Pro 11 の ARA2 統合ではレイヤーから DAW タイムラインへ直接ドラッグ&ドロップするという機能を搭載しました。SpectraLayers 8 ではさらにこの機能を進め、DAW プロジェクト上で複数の独立した SpectraLayers プロジェクトを配置することも可能になっています。

ProElements

パターンファインダー

目的の音を選択し検索をかけると、自動的に類似した音をスペクトラム上で発見し選択する機能。新バージョンでは、複数の複雑な選択範囲をプロジェクト上で保存 / 読み込みできるようになりました。

Pro • Elements

Also New in SpectraLayers

クリップリペアの改良

洗練された AI 実装により、ユーザー指定できるピークシェイピング機能と共に、聴覚上でこれまで以上にはっきりした効果を得られるよう

自動倍音選択

既存のハーモニクス選択ツールに加えて、単一の周波数選択に基づいて自動的に倍音を選択できるようになりました。基音の選択調整および倍音

イレーサーとアンプツールの改良

アンプツールとイレーサーツールの上下境界部分での操作について、新バージョンでは用途に応じて操作できる音量変化を制限し、不意な編集操

ピッチシフトツールの改良

ピッチシフトを半音のパーセントでスケールし、音楽コンテンツの編集をより早く正確に行えるようになりました。

選択範囲のダイナミックプレビュー

スペクトラルグラフで選択した範囲のプレビューを自在に。フェードなど範囲の属性をカスタマイズし、範囲選択の処理中であっても設定するこ

SLP8 プロジェクトを使って複数の選択範囲を保存

SpectraLayers Pro 8 では、プロジェクト内に複数の選択範囲を保存できるようになりました。また柔軟なマージオプショ

チャンネル間のコピー/ペースト

一つのチャンネルからコピーし他のチャンネルにペースト。この機能は修復/整音とサウンドデザインの両方で有効です。片方のチャンネルの要

1
Slide 1 of 1
  • SpectraLayers は驚異的だ! ついに静かなボーカルパートからリップノイズをすべて、取り除くことができた。これらはいつも、マスタリングのときに雑なつなぎ目のように聴こえていたんだが、難なく可能になったんだ。私の日常のワークフローの劇的な時短になる機能だ。敬服するよ!
    Simon MichaelSubway to Sally

SpectraLayers 7 で搭載された機能

ハムノイズの軽減

この自動処理は不要なハムノイズ、およびその倍音として派生する高周波ノイズを検出および軽減できます。また倍音部分に対する処理レベルを独立調整可能です。

...