アラン・シルヴェストリ: Cubase と Dorico を使った『アベンジャーズ/エンドゲーム』のスコアリング

By Daniel Spreadbury

アラン・シルヴェストリは、この30年間で最も記憶に残る映画サウンドトラックを作曲してきたコンポーザーの一人です。『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』から始まる、ロバート・ゼメキス監督との数々のコラボレーション、スピルバーグの『レディ・プレイヤー 1』、他にも数えきれない作品たち。彼のキャリアは現在(英語記事公開時)、マーベル・スタジオの大ヒット映画シリーズ4作目であり、2019年最大のブロックバスター作品『アベンジャーズ/エンドゲーム』で最高潮に達しています。

時代を代表する名作の数々

シルヴェストリはいつも、テクノロジーをいち早く取り入れるアーリーアダプターとして知られてきました。最初の映画サントラ『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』(1984) ではハリウッドでも最初に Yamaha の伝説的シンセ DX7 を使用し、フルアンサンブルを録音するために2つの24トラックレコーダーを同期させました。このコラボは次に、完全なオーケストラサウンドトラック『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985) の、一瞬で耳に残るメインテーマとして結実し、そしてジョン・ウイリアムス、ジェリー・ゴールドスミス、ジェームズ・ホーナーその他の巨匠に並ぶ作曲家の到来として、彼は世界に名を轟かせました。

アランは時代を代表するスコアを次々に書き続けました。『フォレスト・ガンプ』『キャスト・アウェイ』などの人間ドラマから、『コンタクト』『レディ・プレイヤー1』らの SF、『ポーラー・エクスプレス』や『ナイト ミュージアム』シリーズのファミリー映画、さらに『G.I. ジョー』シリーズ、『プレデター』のようなアクション大作まで。彼の長いキャリアはその多才さの証であり、またそこには減速の兆しもありません。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』はシルヴェストリのマーベル・シネマティック・ユニバースにおける4作目のスコアです。彼が『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011) のキャプテン・アメリカのテーマ曲と、アベンジャーシリーズ4本中の3本『アベンジャーズ』(2012)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)、そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』で書いたアベンジャー達のテーマ曲は、キャラクターと永遠に結びついています。関連シリーズ最新作『キャプテン・マーベル』のパイナー・トプラクによるスコアでは、結末でアベンジャーズテーマが流れ出すと観衆から声援が上がるほどです。