不完全さを描けるパレット

埃の中に宝を。揺らぐミックステープ、傷だらけのレコード、ループノイズにビンテージアンプ。アナログ処理されたシンセやホーン、ストリングス、ピアノなど、どこか欠落した楽器音のレイヤー。クリエイター必携のローファイコレクションです。

40以上のアナログフィール満載のサウンド

厳選された25の音源を使って音色をデザイン

3つの LFO とアルペジエーター

FX を豊富に備えたマスターセクション

Colors LoFi Tapes 開発ストーリー

Cinematique Instruments の狙いは、新しいローファイサウンドをクリエイトするにあたって、アーティストがパレットで絵具を混ぜるように音を彩れるライブラリーを作るということでした。彼らがテープへの録音、ノイズの収集、さまざまな楽器をビンテージ機器に繋いでの処理などを繰り広げて獲得したのは、印象的なアナログの「カラー」。全く新しい、個性豊かなサウンドを作るためのブロックが出来上がりました。

Cinematique Instrument について

René Dohmen と Joachim Dürbeck は作曲家 / プロデューサー / アーティストとして音楽業界でキャリアを重ね、クラシックからエレクトロニック、さらに前衛音楽や映画スコアまで幅広い実績を残しています。いつも新しくユニークなサウンドを求めている彼らは、彼ら自身の経験に基づくサンプルライブラリーをリリースすべく Cinematique Instruments を設立し、今に至ります。

...

サポートについて: ヤマハミュージックジャパンはこの製品のインストールまでの簡易サポートを行っております。ご使用方法その他については国内サポートの対象外につき、開発元: Cinematique Instruments に直接お問い合わせください。

VST インストゥルメンツガイド(英語)

ネオソウルのソングライティング

シンセウェーブトラックの制作

ネオディスコのプロデュース

Preset Walkthrough of Neon Drifts

Fate Takes Its Course by Martin Wiese

ハロウィンのテーマ音楽の作り方(英語)

Re-synthesize a 909

8