最高水準のライブレコーディングを

Nuendo Live の用途はただひとつ - ライブの録音です。作業に集中できるように必要なすべての機能を備え、それ以外は何も搭載していません。Nuendo Live 3 はワークフローとオーディオエンジンにさらに磨きをかけ、さまざまな現場でのライブパフォーマンスを余す所なくとらえます。

ドングルフリーのライセンス管理

Nuendo Live 3 はこれまでの eLicenser に代わり、アカウントに基づくライセンス管理システム、Steinberg Licensing に対応しました。ハードウェアドングル USB-eLicenser を使った場合のようなドングル紛失や故障、盗難の心配もなくなり、他のコンピューターでもアカウントにログインすれば使用できるため、事前準備などの作業もよりスムーズになります。

プロジェクトテンプレートアシスタント

よりシンプルなワークフローのため、これまでのように専用テンプレートフォーマットに沿うかわりに、どんな Nuendo Live 3 プロジェクトからもテンプレートを作れるようになりました。たとえばアーティストのツアーで最初の公演を録音した後、同じ設定を次の公演用のセットアップとして保存することで、効率化を図れます。

  • Apple シリコンネイティブ対応

    Apple シリコンプロセッサーにネイティブ対応。新しい世代の Mac の実力をフルに発揮し、CPU 負荷の少ないスムーズなセッションを実現します。

  • 高性能オーディオエンジン

    Nuendo Live 3 ではオーディオエンジンもアップデートしました。多くの最適化により、動作効率も大きく向上しています。

  • HiDPI に対応した新しい UI

    ユーザーインターフェースを全面的に刷新。視認性とデザインを向上し、高解像度ディスプレイにも対応しました。