Languages

伝説のアナログシンセを自在に組み合わせ

Colors Vintage Synth は歴史を代表するシンセサイザーのサンプルを組み合わせ、パレットのように新しい音色を生み出せる HALion ライブラリーです。3つのシンセレイヤーとノイズ&テルミンレイヤーをブレンドし、LFO やアルペジエーター、エフェクトを使って音をワープさせましょう。

9種のビンテージシンセ x 3レイヤー

生命力を吹き込む LFO / mini-ARP / ノイズ

予想外のサウンドを生み出すランダム機能

個性と深みを加える フィルター / FX

オーセンティックでビンテージなシンセサンプル

Colors Vintage Synth は Yamaha CS60 / Prophet 5 / Minimoog / Juno 60 など著名なシンセサイザーをサンプリングし、アナログやデジタルの処理を通して全く新しく、かつ古き良き美しさを備えた音色を生み出します。アナログ特有の輝きやドリフト、温かみのあるノイズ、図太いサブベースを組み合わせ、無限の可能性を持ったサウンドを楽しんでください。

Cinematique Instrument について

René Dohmen と Joachim Dürbeck は作曲家 / プロデューサー / アーティストとして音楽業界でキャリアを重ね、クラシックからエレクトロニック、さらに前衛音楽や映画スコアまで幅広い実績を残しています。いつも新しくユニークなサウンドを求めている彼らは、彼ら自身の経験に基づくサンプルライブラリーをリリースすべく Cinematique Instruments を設立し、今に至ります。

...

サポートについて: ヤマハミュージックジャパンはこの製品のインストールまでの簡易サポートを行っております。ご使用方法その他については国内サポートの対象外につき、開発元: Cinematique Instruments に直接お問い合わせください。

VST インストゥルメンツガイド(英語)

ネオソウルのソングライティング

シンセウェーブトラックの制作

ネオディスコのプロデュース

Preset Walkthrough of Neon Drifts

Fate Takes Its Course by Martin Wiese

ハロウィンのテーマ音楽の作り方(英語)

Re-synthesize a 909

Creating Vocal Chops

Creating a Funky Groove

Behind the Scenes of a Demo Track for Iconica Opus

Building A Neo-Soul Groove with Vibrant

’80s サウンドトラック

トラップビートの作成

How to produce a pop track with Iconica Ensembles 

Voltage Controlled Synthesizer

Performance Xantone Blacq

Create A Warm Lush Pad

Playing Vertigo Strings