ハイライト

VST Live 1.1 ではモジュールという機能拡張フォーマットを新採用。まずは PDF ファイルの表示や操作を統合し、MIDI コマンドでの楽譜めくりにも対応する VST Viewer を提供します。その他にもグローバル設定の保存、拍子 / テンポトラック、MIDI エディター搭載などの進化を遂げています。

モジュール

VST Live の能力を大きく拡大する新機能。モジュールは DAW にプラグインを追加するように VST Live を拡張し、新たな次元のパフォーマンスやコンサート体験を可能にします。Steinberg から提供するソフトウェアデベロッパーキットにより、今後はサードパーティー製モジュールの可能性も広がります。

Pro

VST Viewer

PDF の表示と共有を可能にする VST Live 用のモジュールです。たとえばステージ上のミュージシャンに楽譜を見せたり、オーディエンスにスクリーンで画像を見せるなど、さまざまな用途に活用できます。また任意のアクションを MIDI イベントに割り当て、キーや鍵盤、フットスイッチの操作で PDF 楽譜のページをめくることも可能です。

Pro

グローバルパート

VST Live プロジェクト全体に渡る設定を作成、保存できます。たとえばレイヤーやゾーン、スタック、モジュールの設定を保存でき、あなたがよく用いる設定をすぐに呼ぶ出すことが可能です。

Pro
Elements

拍子トラック

素早く簡単に VST Live プロジェクトに拍子イベントを追加できます。

Pro
Elements

テンポトラック

素早く簡単に VST Live プロジェクトにテンポ情報を追加できます。

Pro
Elements

MIDI エディター

MIDI データの追加や削除、訂正などの基本的な MIDI 編集が可能になり、現場でも(必要ならばステージ上でも)素早くプロジェクトの変更や更新ができるようになりました。

*Pro
Elements
...